生産体制

各工程での作業、確認内容の詳細

1. サンプル作成(データ内容、カラー、文字ライン等の修正)

  1. データ内容の確認特に CMYK、RGB により発色が違うため基本的に CMYK に統一。
  2. 塗り足しや生産アイテムによる、大きさ・データサイズの確認。
  3. 本生産数量や納期によりプリンターの設定を確認調整。
  4. 提出用及び社内保存用現物サンプルの作成。
  5. 細かい文字やデザインに対応するため、品質優先のスピード設定。
  6. アイテムに合わせて圧着工程の条件を調整確認。

2. 確認(社内外)

  1. まずサンプル生産担当者が現在社内基準によるデータの修正を行う。
    基本的なデータ修正(文字の太さ、色の基本設定)。
  2. 客先からの要請により、実際の生地を使用して現物合わせで色の修正をしていく。
  3. 各担当営業者に提出、確認し、問題等あればその段階で一度製造部に差し戻す。
  4. 最終確認後データ、社内保存を担当者が確認保存を実行する。

3. 本生産出力

  1. 納期、生産量により出力機、タイミングを調整する。
  2. プリンターの場合色の違いに個体差があるため、基本的にサンプル作成機で量産を行う。
  3. B を実行するため、基本的に量産出力は夜間及び休日の時間帯に行う。
  4. 生産量や納期によっては、同一データを複数台のプリンターで出力するため使用プリンター毎に再色出しを実施する(それぞれ出力データを作る)。
  5. 量産出力用のプリンターを設定し、可能な限り目視等により確認する。
  6. 出力開始後量産出力分より抜き上げの転写紙を圧着してサンプルと色を確認する。数量が多い物は複数回行う。
  7. 出力終了後転写紙を圧着サイズに合わせてカットし、目視による検査を行う。
    外注工場さんでも同様に確認してもらい、問題があれば連絡、必要であれば写真や現物にて確認修正指示等を行う。
  8. 出力終了後、圧着サンプル及びデータを確認保存する。

4. 圧着

A サンプル作成時に設定した圧着条件で量産用転写紙、生地等を使用して
圧着確認を必ず行う。社内、外注工場さん共通(圧着サンプルと合わせる)。
B 転写素材に関しては、事前に前工程にて本生産が円滑に運ぶよう加工をしておく。
C 転写紙品質、数量等を圧着前に再度確認する
D 途中で、圧着品の色等を複数回目視で確認する。

5. 抜き、縫製等 2 次加工

A アイテムにより社内加工、外注工場さんによる加工等の調整を行う。
B 外注工場さんには、書類や現物サンプルを渡して確認生産を進行していただく。
C 事前の納期等を確認し、調整しておく。
D 必要であれば量産抜き上げのサンプルを取り寄せて確認を行う。

6. 検品

A デザイン、素材、サイズ、色が合っているか、まず確認する。
B 汚れ、素材不良、OPP 入りなどの場合は、異物混入や破損等を確認する。
C 客先等の最終梱包指示等ある場合は、指示に準じた進行になっているか確認する。
D 特別な指示がない場合は、全加工場所で楽プリ仕様を適用し、作業内容を統一する。

7. 納品

A 指定があればそれに従い出荷する。
B 指定期日に着荷日ベースで指示を統一する。

昇華プリント技術とは

昇華染色プリントとは、180~190℃の加熱によって繊維分子の結合が離れ加熱停止に伴い繊維分子が再結合する、ポリエステル繊維(樹脂)の性質を利用し、加熱加圧することで気化させた昇華インクをその分離したポリエステル分子間に入れ込み、分子の再結合によって分子間に固定し染色するプリント技法のことをいい、ローカルPCで作成したデータをRIPサーバーで反転や独自のカラープロファイリングで色調整を行い昇華インク専用インクジェットプリンターで出力された転写紙と対象となる被染色物のポリエステル生地(樹脂)を重ね合わせ、約1分間の加熱圧着と加熱圧着終了後約1分間の放熱を行なったのちに転写紙を剥がし作られます。

ポリエステル繊維の分子間に気化した昇華染色専用インクの分子が入り込む分子レベルでの浸透によって作られるので、写真やコンピューターグラッフィックなどの細かい部分やグラデーション等が生地の風合いを損なうことなく、半永久的に色落ちしない発色のよいプリントとして、PCで作成したデータのままきれいに再-現できるのが特徴です。

昇華プリント技術とは

他のページを見る

お問い合わせ
ページTOPへ
© Rakupuri,Inc.